その他

電子商取引や電子マネーの発展による貨幣偽造への影響を考察

1.背景

ネットでの電子商取引や電子マネーが非常に広まって来ている. 長岡技科大の売店や食堂でもEdyが使える.

2.予想

これだけ「電子的なお金」が普及して来ている現在,従来のように紙媒体のお金を偽造することは装置的・コスト的に面倒なので(もちろん法的にダメ),件数が減ってきているのではないか?と考えた.

3.調査

産經新聞(平成22年5月23日号国際5面)によるとそうではないらしい. 最近も通貨偽造は後を絶たないどころか,欧州中央銀行によると前年比8%増とか.

4.結論

従来通りの偽札作りは今なお廃れず行われているらしい. 電子的な手法だと,改竄などのログが残ってしまうから,だろうか...?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-23 (日) 16:11:32 (2739d)