[[FrontPage of Takashi KIKUCHI]]

- tune(チューン)・・・【ビーム用語】リングを一周する間にベータトロン振動する回数.強集束の度合いが強かったり,大きなリングだと数が多くなる.整数にすると共鳴により粒子軌道が不安定になるため,中途半端な数にオペレーションポイントを設計する.
- tune(チューン)・・・【ビーム】リングを一周する間にベータトロン振動する回数.強集束の度合いが強かったり,大きなリングだと数が多くなる.整数にすると共鳴により粒子軌道が不安定になるため,中途半端な数にオペレーションポイントを設計する.良く&mimetex(\nu);(にゅー)の記号で表され,水平方向は&mimetex(\nu_h);や&mimetex(\nu_x);,垂直方向は&mimetex(\nu_v);や&mimetex(\nu_y);で表されることが多い.

- implosion(爆縮(ばくしゅく))・・・【慣性核融合】爆発的に内部中心へ向かって圧縮すること,またはその現象.

- &mimetex(\Delta t);(でるたてぃー)・・・【数値計算】時間刻み幅,時間分割幅.数値計算・数値シミュレーションでは微分方程式の微分演算を差分に置き換えて計算するが,初期値問題では時間微分項を差分する際に&mimetex(dt);を有限の時間幅&mimetex(\Delta t);とする.この&mimetex(\Delta t);が時間発展する問題を数値解析する際の時間ステップ間隔となるため,なるべく大きな値であることが時間スケールの大きな問題をシミュレーションするために望まれる.

- &mimetex(V \tau);積(ヴぃたうせき)・・・【ビーム】誘導加速モジュールのパラメータの一つ.誘導加速技術によって生じる電圧Vとそのパルス幅τの積.誘導加速ではファラデーの電磁誘導の法則に基づき加速電圧をギャップ間に発生させる.このため,&mimetex(V \tau = \Delta B \cdot S);が一定となる制約がある.つまり,高電圧を発生させると短パルスになり,長いパルス幅を印加するためには低電圧駆動となる.誘導加速に用いる磁性体コアの磁束密度変化&mimetex(\Delta B);と断面積&mimetex(S);によって決まることになる.


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS