[[過去の講義資料]]
[[担当授業:http://fusion.nagaokaut.ac.jp/index.php?%E6%8B%85%E5%BD%93%E6%8E%88%E6%A5%AD]]

**プラズマ・核融合工学特論 [#vb989581]

【授業科目名】~
プラズマ・核融合工学特論


【科目名(フリガナ)】~
プラズマ・カクユウゴウコウガクトクロン

【授業科目英文名】~
Advanced Engineering for Plasma and Nuclear Fusion

【開講専攻】~
エネルギー・環境工学専攻

【開講学期】~
1学期

【担当教員】~
菊池 崇志(KIKUCHI Takashi)

【教員室または連絡先】~
居室:電気1号棟4階402室,内線:9506
#ref(email.png,,50%);

【授業目的および達成目標】~
プラズマによる制御熱核融合に関する知見を広め,その人類社会への貢献について学習することを目的とする.
達成目標として,核融合エネルギーについて理解しその構成や動作原理を説明できるようになること,地球環境保全を含めた次世代エネルギーの在り方に対する見識を持つこと,とする.

【授業キーワード】~
プラズマ,原子核エネルギー,制御熱核融合

【授業内容及び授業方法】~
プラズマ工学の究極の目標であり,次世代の人類社会を支えるエネルギー源として期待されている核融合について,その原理,手法,課題,歴史,展望,そして現在の最先端の研究内容を論じる.
担当教員が配布する資料を元に講義を行い,レポートを提出する.

【授業項目】
+プラズマと核融合について
+プラズマの特性
+核融合の原理
+制御熱核融合の方法
+核融合発電の課題
+プラズマと核融合研究の歴史
+核融合経済学による展望
+核融合研究の現状

【教科書】~
教科書は指定しない.講義は配布する資料に基づいて行う.

【参考書】~
適宜,担当教員が指定する.

【成績の評価方法と評価項目】~
レポートで評価する.

【留意事項】~
受講者は,プラズマ物性工学,核エネルギー工学,高電圧工学,熱エネルギー工学,電磁エネルギー工学,電磁流体力学,の予備知識を持つことが望ましい.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS